スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を

2006–12–28 (Thu) 21:25
「良いお年を」という挨拶が最も似合う季節がやってきました。
年内、もう会うことはないなという人と別れる際に、「良いお年を」と言って去るわけです。
この言葉は、「良いお年をお迎えください」を略した言葉です。
残り少ない今年を、良い年のままお過ごしくださいという意味ではありません。

さて、この「良いお年を」という言葉、英語っぽいと思いませんか。
「このビルは東京で最も高いもののうちの一つです」みたいな、いかにも直訳言葉の匂いが漂ってきます。
「Have a nice day」なんていうフレーズがありますが、日本語で言うなら「ごきげんよう」とか、そんな感じですよね。それが英語だと「良い一日を」になるのです。
「良いお年を」を英語で言うなら、「A happy new year」ですかね。クリスマスから年始までを一体の休暇と考えて「Happy holidays (A happy holiday season)」なんていう言い方もありますが、年始であることを強調するなら前者でしょう。

※「A happy new year」は、年が明けてからでも、明ける前でも、両方で使える言葉です。年が明けてから言うときは、不定冠詞の「a」を付けてはいけないとも言われますが、どっちでもいいような気もします。が、英語には疎いので、はっきりしたことはよくわかりません。

そんな「良いお年を」というフレーズ。いつ頃から使われている言葉なんでしょうか。
「良いお年を」という言葉が、日本語として自立的に出てきたものなのか、英語(または他のヨーロッパ系言語)からの直訳言葉なのか、そのへんが気になるんですね。
直訳言葉なら、古い用例は存在しないはずですよね。
ちょっと調べてみようと思ったんですが、小一時間ほど辞書やらネットやら漁っただけではさっぱりわかりません。
今はちょっと時間がないので、また来年時間があったら調べてみようっと。

それではみなさん、良いお年を!

現代用語に着いていけない私2007

2006–11–08 (Wed) 21:50
「現代用語の基礎知識2007」に掲載されたという「はてなキーワード」。
ざっと眺めてみました。
http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20061106/1162811604

知らない言葉ばっかり(´д`)
でもなんか、2ch関係が多いみたいね。野球、サッカー関連もいくつかある模様。相撲用語も入れてやってほしいなあ、「チヨス」とか「タオル閣下」とか。

「姉は一級建築士」って結局どうなったの? まだ完成してないんですかね。
「風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ」って毎日新聞の電波社説じゃないか。ふー、びっくりした。こんなのが現代用語の基礎知識に載るのか。いいのか? こういうのを載せていれば、なあに、かえって免疫力がつく)とかそういう魂胆か?
「急にボールが来たので」まで載るのか。ま、これはそれなりに流行したのでいいか。
「おやつタイム」と聞くとやっぱりソルトレーク五輪の中継を思い出すなあ。トリノじゃほとんど映してくれなかったじゃんかよー。
「メーラーダエモン」なんて今更? 10年前からメジャーな言葉でしょと思ったけど、なるほど、ヤフオクの掲示板に端を発しているのか。

メーラーダエモンさん、すべて英語の文字で書かれてあるのをどうして日本人の私が理解できるのでしょうか?
私はするべきことは何度も問いただしたはずです。
せめて私が書いた、郵便番号・ご住所・お名前・電話番号は英語ではなく日本語で書いて欲しかったです!
(評価日時 : 2005年 11月 5日 0時 23分)


オモシロス。

朝青龍と白鵬の時代

2006–07–26 (Wed) 20:53
名古屋場所では残念ながら白鵬の綱取りは成らなかったけれど、今の相撲界が朝青龍と白鵬の二強時代に突入していることは間違いないでしょう。
そういう二人の力士が突出した時代には「○○時代」と名前が付けられることがよくあります。古くは梅常陸時代があり、栃若時代、柏鵬時代、北玉時代、輪湖時代、曙貴時代など、さまざまな時代があったわけです。

で、朝青龍と白鵬です。この二人の時代、今のところは特に決まった呼び方が無いようですが、今後何と呼ばれていくことになるのでしょうか。
両者の四股名から一文字ずつ取って並べ、後ろに"時代"をつける呼び方は12通り。それらについて、現在どの呼び方が主流であるかを、Google先生で調べてみました。
単に"白龍時代"などで検索すると、中華料理屋などが引っかかったりするので、ノイズを減らすために"朝青龍 白鵬"という言葉も入れてAND検索をしてみます。
"朝白時代" 朝青龍 白鵬約 13 件
"朝鵬時代" 朝青龍 白鵬4 件
"青白時代" 朝青龍 白鵬約 142 件
"青鵬時代" 朝青龍 白鵬約 4 件
"龍白時代" 朝青龍 白鵬0 件
"龍鵬時代" 朝青龍 白鵬約 42 件
"白朝時代" 朝青龍 白鵬約 3 件
"白青時代" 朝青龍 白鵬約 22 件
"白龍時代" 朝青龍 白鵬0 件
"鵬朝時代" 朝青龍 白鵬0 件
"鵬青時代" 朝青龍 白鵬0 件
"鵬龍時代" 朝青龍 白鵬0 件
というわけで世論は「青白時代」を支持しているようです。
かっこよさでいえば圧倒的に「龍鵬時代」だと思うんですが、この二人が、"蒼き狼と白き牝鹿"を祖先に持つという伝承のあるモンゴル人であることも考えれば、やはり「青白時代」が妥当かなと思います。
というわけで、これからの時代は「青白時代」です!

1年弱経って、もう一度調査しました。
http://gito2.blog39.fc2.com/blog-entry-467.html

« 前へ | HOME |  次へ »

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。