スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろなでざいんのちず ~ ALPSLAB design

2006–06–28 (Wed) 21:03
地図の実験場としていろいろやっているALPSLABで、今度はユーザーと共に次世代の地図デザインを考えるプロジェクトALPSLAB designなんてものが始まりました。

簡単に言えば、ユーザーがそれぞれ好きなようなデザインの地図を作れますよ。ついでにダウンロード、印刷もできますよ、というサービスです。
デザインは「標準」「白地図」「お江戸」「午後10時」「きっず」「エコ」「ベネチア風」「えんぴつ」の8種類から選べ、さらに「道路」「鉄道」「県・支庁名」「市郡・区町村名」「町大字名・地番等」「自然地名」「施設形状」「施設名称」「信号・バス」のそれぞれで表示する/しないを選ぶことができます。細かく分類すれば8×29=4096通りのデザインで地図を表示させることができるわけです。水際のライン、自治体や町の境界線は常に表示されています。

http://design.alpslab.jp/

しかしこのプロジェクトでALPSLABさんが何をやろうとしているのかがイマイチよくわかりません。「いろんな地図がありますよ~。ダウンロードして印刷してみてね~」てなふうに考えれば簡単でわかりやすいんですが、恐らくそんな単純なことではないでしょう。「いろんな地図を提示するから、おまいら、面白い利用法を考えてみてくれ」といったところなんでしょうか。どうなんでしょう。
それぞれのデザインに対して人気投票のようなことをやっていますが、それが具体的にどうフィードバックされてくるのかもよくわかりません。このへんは、追々何かしらの動きがあるとは思いますが。
今はデザインの種類が8種類ですが、ユーザーがそのあたりも自由に作れて増やしていけるようになったらいいですね。

で、自分としては、こんな感じ(きっず×施設名のみ表示)でクイズにしてしまうわけです。
これはどこでしょう?
mapdesign1.png
「うつぼこうえん」があるので、ああ大阪だなと、わかる人にはわかりますね。
ところでこの"きっずデザイン"ですが、各種名称がみんなカナで書かれているはずなのに、「はな乃いちゅう」って漢字が混ざってますよ。

もうちょっと難しく、今度は道路のみを表示させてみます。
これはどこでしょう?
mapdesign2.png
道路のみなんてわかりにくい条件でも、特徴のある道路なら(マニアの人には)簡単ですね。そう神戸の垂水JCTです。形がちょっとエロいということでも有名です。

最後に超難問。全ての表示を切って、町境のみです。
これはどこでしょう?
mapdesign4.png
札幌だと思った人は鋭いけど残念。正解は旭川でした。

※今は勝手に(無許可で)画像を利用させてもらってますが、自分で選んだデザインの地図に対してリンクが張れたらいいのに、と思います。

2006–06–24 (Sat) 15:31
bikkuri1.jpg
bikkuri.jpg
宇治市内で「その他の危険」の道路標識を見つけました。
補助標識には「頭上注意」とあり、おそらく後ろにある松の木に対して注意を促しているものと思われます。
この標識をじかに見るのって、初めてなんじゃないかな。たぶん。
この「その他の危険」という道路標識は、「並進可」や「軌道敷内通行可」ほどではないにせよ、全国的に見てかなり数の少ない道路標識です。道路交通標識写真図鑑さんのサイトとか、道路標識と信号機の森さんのサイトとかで、「その他の危険」標識の収集をしていますが、そういう企画が成り立つぐらいにはレアな標識だといえるでしょう。何年か前「ザ!鉄腕!DASH!!」の番組の中で、日没までにこの標識をいくつ見つけることができるか、なんていう企画をやってたこともありました。昔はかなり見かけた標識のようですが、道路が改良されるにつれ段々数を減らしてきているそうです。
ですがなぜか石川県に多いという話も聞きます(鉄腕DASHでも石川県でロケをしていました)。そのあたりは役場の標識設置担当者の考え方次第なのでしょう。他の標識で十分事足りすはずなところを、「その他の危険」+「補助標識の文字」による表示で注意を喚起するというような場所があるらしいですから。

みんなで世界地図を作ろう

2006–06–16 (Fri) 06:18
誰でも編集に参加できる百科事典といえばWikipediaだが、そのWikipediaとGoogle Mapにインスパイアされて作られたというWikimapiaがなかなか面白い。これは、誰でも編集に参加できる世界地図、だ。まだサイトができて1ヶ月も経っていない。
Google Mapからなる地図上で範囲を指定してそこに何があるのかを書き込んで、世界中の詳細地図を作っていこうという試みだ。
実際、世界中でいろんな記事が書かれている。ざっと見たところ、一番記事数が多い都市が台北で、二番目がモスクワ、三番目がワシントンD.C.だった。東京もトップ10ぐらいには入ってそう。
サイトに行けばこんな地図が表示される。

試しに自分もちょこっと書いてみた。
サイトに行って、右上のメニューからWikimapia→Add New Placeを選べば簡単に追加記事を書ける。
どこを書いたかは内緒。

« 前へ | HOME |  次へ »

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。