スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007–06–14 (Thu) 01:00
寝ているときに見た夢の記録。
話に筋がないのは、夢だからです。
時計の針は午前零時を回ったところだ。
豆球の淡いオレンジの光と、蝋燭の小刻みに揺れる炎が、薄暗い仏間を照らしている。
隣の部屋では祖父が頭をかかえて座っている。その横では母と妹が、時計を気にしながら何かのメモを取り続けている。
遅いね、もう今日は来ないんじゃないかな。私が話しかけても祖父が軽くうなづくだけで、何の答えも帰ってこない。
蝋燭も短くなってきて、燃え尽きたらまた新しいのを点けなければならない。あと何本あったかなと頭の中で計算してみる。今晩中は持ちそうだ。
やがて屋根を打つ雨粒の音が大きくなってきた。
この天気じゃやっぱり来ないよ。もう寝よう。私が提案すると、母は時計を見上げて大きく溜息をついた。そうね、あきらめましょうと机の上を片付け始めたとき、玄関の扉が開けられる音が聞こえた。
現われたのは隣町に住む伯父だった。
「いやあ、遅くなっちゃった。すごい雨」
ズボンに染み込んだ雨を手で払う仕草をしてみるものの、当然ズボンは濡れたままだ。
「わざわざありがとうございます」
ほっとしたように母は言う。伯父は上着の内ポケットから封筒を取り出し、母に渡す。母はその封筒を妹に渡し、妹はその中身を確かめる。
「しかしYさん(母の名)も大変だったね。とりあえず線香上げさせて」
そう言って伯父は仏壇の前に座った。鉦を一つ鳴らし、手を合わせ、うなだれる。ずっと無言だった祖父が、その様子を見て何か一言発したけれど、その言葉は誰の耳にも届いていない。

***インターミッション、記憶の狭間***

時計の針は午前六時を過ぎた。
一晩待ったものの、来たのは伯父一人だけだった。
まだ今日も明日もあるし、とりあえず二、三時間でもいいから休もうよ。体に悪いよ。何度も説得して、ようやく母も横になろうという気になってくれたようだ。
母は立ち上がり、でもその前に、ちょっと外の様子を見てくると言って、玄関に向かった。
さっきまで降っていた雨は上がったようだ。
玄関の扉を開けるなり、母は感嘆の声を上げた。
「ちょっとちょっと、来て来て。虹! 虹!」
妹と一緒に駆け寄ってみると、中天にまんまるい虹が浮かんでいた。右手に見える五階建てのビルを、そのまま90度移動して虹に重ねたとするならば、ビルが仏像になり、虹が後光になるというような恰好だ。
水色の空をよくよく眺めてみると、円い虹の外側にもう一つ大きな円を描く虹が見えた。
これは写真に収めなきゃ。そう思った私は急いで部屋に引き返した。机の上にあったデジカメを手に取り、すぐさま外に取って返した。
私は夢中で写真を撮った。妹も自分のカメラで何枚か写真を撮った。
そのとき、私も母も妹も気付いていなかったのだけれど、部屋の中にいた祖父はやさしい笑顔を湛えていた。
今年は祖父の七回忌だ。

誰かが引退

2006–08–21 (Mon) 06:55
寝ているときに見た夢の記録。
テレビを見ていたら、力士の引退のニュースが飛び込んできた。
引退会見となる会場に最初現れたのが尾車親方だったので、「えっ、嘉風が?」と思ったけど、嘉風ではなかった(豪風のことは頭になかった)。
見たことのない力士。四股名は忠風(ただかぜ)といった。元幕内で現在は十両。来場所は幕下に落ちるはずの力士だ。
26歳とまだ若い。豊真将のようなつやつやとした体が、まだまだ自分は相撲を取れると語っていた。
引退の理由は、先場所傷めたケガが予想以上に悪化し、1年やそこらで治るという見込みがないかららしい。早めに引退を決めることで、第二の人生をスムーズにスタートさせたいという意向もあるようだけど、引退後に何をするかの発表はなかった。
ニュースをよく聞いていると、忠風の本名を言っていた。鎌刈※※(聞き取れず)というらしいが、貴闘力(本名・鎌刈忠茂、現在は婿入りして納屋忠茂)とは何の関係もないらしい。

この引退のニュースを知って、自分がまずやったことは何かというと、相撲関係のブログ巡りだ。誰かこのニュースを扱ってないだろうか、と。
GRAND SUMO blogさんで扱っていた(もちろん夢の中で)。結婚したばかりで大変だけど、その勇気ある決断に拍手みたいなことを書いていた。
へー、結婚していたのか。
ここで目が覚めて、今度は本当に相撲関係のブログ巡りをしてみた。
当然、忠風についての記事は1つもなかった。
全国の苗字検索で調べてみると、鎌刈さんは全国に10世帯しかないらしい。忠風と貴闘力が無関係であっても、夢の中なので当然だった。

キラーホーネット

2006–06–22 (Thu) 20:21
寝ているときに見た夢の記録。
まだ幼いぼくは、その日一人でお風呂に入っていました。

気持ちいいな、いい湯だな、は~ビバノンノ。そんなことを考えながら湯船に浸かっていると、目の前に一匹のスズメバチが現れました。細く開けた窓の隙間から入り込んできたのです。
刺されたらヤバい。そういうことは分かっていましたが、そのときのぼくにはまだ恐怖という感情はありませんでした。ただスズメバチを刺激しないように、息を潜めて湯船にじっと座っていればいい。そういうふうに、ぼくは考えました。
もう一つ、スズメバチと目を合わせてはいけないとぼくは考えました。そしてしばらく、ぼくは胸の前に広がる水面に視線を落として、スズメバチが去っていくのを待っていました。

何分か経って、そろそろ飛んで行ってくれたかなと顔を上げると、まだスズメバチは天井の近くを飛んでいました。天井の中央付近のある一点を中心に、ぐるぐると円を描くように飛んでいました。ぼくは再び水面に視線を落として、スズメバチが去るのを待たなければなりませんでした。
また何分か経って、今度はどうだろうと天井を見上げると、スズメバチが二匹に増えていました。そして二匹が輪になって飛ぶ真ん中あたりの天井に、小さなシミができていました。おかしなこともあるもんだと思い、ぼくはまた水面に視線を落とすのでした。

またまた何分か経って天井を見上げると、さっきはただのシミだったものが、小さなお皿を天井に貼り付けたかのように立体感を持って見えるようになりました。そしてその回りを、二匹のスズメバチがやはり円を描いて飛んでいるのでした。ぼくはまた水面に視線を落としました。
今度は一分もしないうちに視線を天井に向けました。天井のシミは野球ボールぐらいの大きさになり、明らかに天井からぶら下がっているように見えました。そしてそのボール状の物体の表面を、スズメバチが這って動いているのが見えました。

巣だ。これは蜂の巣だ。ぼくはそのように悟り、初めて怖くなりました。
どうしよう、早く風呂から出たほうがいいのかな。そう思い、蜂の巣のほうを見つめたまま、ぼくは音を立てないようにゆっくりと立ち上がりました。浴槽から足を出すために、ぼくはほんの数秒、蜂の巣から視線を外しました。そして再び蜂の巣に目をやったとき、ぼくは驚いて声を上げてしまいました。ほんの数秒の間に、蜂の巣はバレーボールぐらいの大きさになっていたのです。そしてその表面を這いまわる数十匹のスズメバチ。ぼくの上げた声に蜂たちは一斉に反応しました。巣の表面から浮かび上がり、ぼくのほうを見てホバリングを始めました。
ぼくはあわててドアを開け体を浴室の外に滑り出させると、バタンを勢いをつけてドアを閉めました。その直後、中でドスンという大きな音がしました。ドアを閉めた振動で蜂の巣が落下したのです。ドアについているくもりガラスが、あっという間に黒い影で覆われていきました。何十匹、何百匹というスズメバチの羽音が、さながら地獄から来た竜巻のように唸りを上げて聞こえてきました。
お父さん、お父さん。ぼくは助けを呼びましたが返事する声は聞こえませんでした。目の前にあるくもりガラスは、チューニングの合っていないテレビ画面のように、ざわざわと動く黒いノイズを映し出していました。

ふと、こうやってドアを閉めていればスズメバチは外に出て来られないんだと気付き、ぼくの心から次第に恐怖の感情は薄れていきました。次にぼくの心に芽生えてきたのは好奇心でした。スズメバチが通れないぐらいの細い幅だけドアを開けて、中の様子を見てやろう。ぼくはそんなことを考え始めていました。
思ったら早速実行に移しました。そうっと1cmにも満たない細い細い隙間を作りました。その隙間からでも、何十何百という黄色と黒の物体が上下にわさわさと動いているのが見えました。下のほうから舐めるように見上げていくと、ドアの上のほうで一匹のスズメバチが外に出ようともがいているのが見えました。既に体の半分を外に出し、あとは下半身を捻り出そうと必死に体を動かしていました。
やばい、この蜂が外に出てきたら、ぼくもお父さんも殺されてしまう。ぼくはすぐにドアを閉めました。ドアに挟まれ体を真っ二つに切断されたスズメバチの上半身が、目の前にぽとりと落ちてきました。
夢はここで終わりでした。
この物語(といっていいのか)のオチが非常に気になる。妄想を加えて書いてしまってもいいんだけど、そういう創作ネタを書くところではないので、とりあえずここまで。

« 前へ | HOME |  次へ »

category

recent comment

recent trackback

tag cloud

pet

profile

track word

others

haiku

about

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。